安いお米を美味しくする方法

安い米をあきらめずに美味しくできる方法とは


安い米をその値段が分からないほど美味しいものに変える方法があります。どれであっても家庭に常備されているアイテムを使いますので、簡単にできます。有名なもので言うと、氷を入れて炊く方法です。一合につき一個の氷を入れて炊くだけで、ご飯の甘みがぐっと増します。また、昆布や天然塩、みりんを入れても同じような効果が得られます。更に見た目をつやつやにするには、サラダオイルやはちみつ、粉寒天を入れて炊いてみます。ほんの少量で安い米だと思われないくらいに、見た目が変化するのでおすすめです。最後は大根おろしが食卓に並ぶ予定の際には、炊飯前にその汁を一合に対して大さじ2杯ほど加える裏技です。アミラーゼが豊富な大根が米のデンプンを分解して、芯まで水を吸いやすくします。その結果、旨みがアップしもちもちとした食感になります。毎日食べる米だからこそ、これを節約できると家計は大助かりです。例え安い米でも工夫ひとつで、いくらでも美味しくすることが可能なのです。

安い米をふっくらとした美味しいレベルの高いご飯にする工夫


スーパーなどでいつでも気軽に買える安い米でも、手間をかけることで人気のあるお店で食べるようなレベルの高い美味しいご飯になるように炊けます。例えば、米は強い火力で短時間で炊きあげることで美味しいご飯になるので、安い米は炊飯器ではなく鍋で炊くと美味しくできます。鍋で炊くことが普段あまりない人が鍋で米を炊くと米の芯に火が通ってないことがありがちです。米にしっかり火を通すためには、事前に米を入れた容器の中に水を入れてしばらく置いておくといいです。安い米に艶と粘りをプラスしたいときは、料理に使うオリーブオイルを少しだけいれると満足できます。その結果、安い米でも値段が高いブランド米のようなふっくらとした美味しそうな炊きあがりになります。オリーブオイル以外でもサラダ油を使えば、食欲を誘うふんわりとしたご飯を炊けるので便利です。

安くて美味しいお米を買うには


安いお米でも、美味しいものはたくさんあります。特にブランドにこだわらないのであれば、それほど値段が高くなることはありません。スーパーやネット通販でもお手頃な価格のお米が販売されているので、探してみましょう。10キロ3000円台のお米などもありますが、とくに不味いことはありません。もちろん個人の好みもありますが、日本のお米は一定の水準が保たれているので安心して食べることができます。安いお米を使うことが気になるのであれば、ご飯の炊き方にこだわったり、良い炊飯器を使うことで美味しくすることもできます。炊飯器はいろいろな機能がついていますが、安い炊飯器だとご飯が短時間しか持ちません。ある程度機能的な炊飯器を利用するようにすれば、安いお米でも美味しく炊き上げて長時間もっちりとした食感を楽しむことができます。